『ブラック・ジャック』キャラクターランキング(全548人!)

『ブラック・ジャック』キャラクターランキング(全548人!)

『ブラック・ジャック』キャラクターランキング(全548人!)

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』に登場するすべてのキャラクターのランキング動画を作ってみました!(登場回数)

【おすすめ動画】
●『ブラック・ジャック』OVA『マリア達の勲章』:

●『ブラック・ジャック』の封印回『植物人間』の考察動画:

●『ブラック・ジャック』の封印回『快楽の座』の考察動画:

●『ブラック・ジャック』の封印回『水頭症』の考察動画:

●『ブラック・ジャック』の封印回『緑柱石』の考察動画:

●『ブラック・ジャック』の封印回『最後に残る者』の考察動画:

●『ブラック・ジャック』の封印回『しずむ女』の考察動画:

●『ブラック・ジャック』の封印回『壁』の考察動画:

●『ブラック・ジャック』の「書きかえ」作品『満月病』の考察動画:

●『ブラック・ジャック』の封印回『2人のジャン』の考察動画:

●『ブラック・ジャック』の封印回『落下物』の考察動画:

●『ブラック・ジャック』の「書きかえ」作品『ちぢむ!』の考察動画:
●『ミッドナイト』の最終回の考察動画:

●『火の鳥 羽衣編』の考察動画:

●『火の鳥 太陽編』の考察動画:

●手塚治虫の問題作『泥だらけの行進』考察動画:

●手塚治虫が描いた在日問題『ながい窖』考察動画:

●手塚治虫が描いた部落問題『夜の声』考察動画:

●テレビアニメ『ブラック・ジャック』第1話『オペの順番』:

●テレビアニメ『ブラック・ジャック21』第1話『医師免許が返る日』:

●アニメ『ブラック・ジャック 平安遷都』『おばあちゃん』:

●OVA『ブラック・ジャック』第1話『流氷、キマイラの男』:

●OVA『ブラック・ジャック』第10話『しずむ女』:

●OVA『ブラック・ジャック』第11話『おとずれた思い出』

●テレビアニメ『どろろ』第1話:

●『ブラック・ジャック』全巻寄贈します

●『ブラック・ジャック』最終回解説動画

●中田敦彦『火の鳥 鳳凰編』解説動画:

●岡田斗司夫『ふしぎなメルモ』解説動画:

●『ブッダ』未収録ページ紹介:

●萌え手塚の代表作『エンゼルの丘』解説動画:

●『どろろ』の3つの結末比較動画:

●黒手塚の代表作『奇子』最終回解説動画:

●黒手塚の代表作『MW』解説動画:

●成人向け手塚の代表作『出ていけっ!』解説動画:

●エロ手塚の『人間昆虫記』解説動画:

●映画『ばるぼら』解説動画:

●手塚マンガの「エロ」と「エロティシズム」の違いについて:

●全巻さんの近況トーク

●『新宝島』解説動画:

●『MW』解説動画:

●初期三部作解説動画:

●『まんが道』手塚治虫が神になった日:

●『ブラック・ジャック』『絵が死んでる!』紹介動画:

【数え方について】
・登場回数が10回以上のキャラクターについては、『BLACKJACK300star’s encyclopedia』を秋田文庫16巻までに収録されている作品の登場回数と見なし、それに、17巻、および秋田文庫未収録作品に登場しているキャラクターの登場回数をUP主が計算し、足して作りました。
・ただし、BLACKJACK30star’s encyclopediaにおいて、UP主が確認できた明らかな数え間違いやUP主とは異なるスターシステムの解釈については、気づいた範囲内で補填・訂正した。
例)『青い恐怖』について。作品の設定(島における物語)やブクブックのスターシステムによる登場を考えても、あきらからに、『新宝島』を下地にした作品と読むことが出来る。よって、作中で登場する太一は、『ブラック・ジャック』のオリジナルキャラクターではなく、ケンイチ(ピート君)のスターシステムによる登場と見なした。
・『ブラック・ジャック』の中には、雑誌掲載版と単行本版とで書き換えを受け、題名が変更されている作品があるが、書き換え前後の作品については、同一作品と見なした。
 特に、『指』と『刻印』は、同一作品と見なし、『ブラック・ジャック』の全話数を242話として計算した。
・書き換え前後で登場しているキャラクターが変化している場合があるが、こうした場合については、「書き換え前後で一度でも登場していたらその作品に登場している」とみなしてカウントした。
例)『指』では、ゼフィルスや城之内が登場しているが、『刻印』では削除されたが、ゼフィルスも城之内も『指(刻印)』に「1回登場した」とカウントした。
・言及のみされている場合はカウントせず、絵として描かれているもののみをカウントした。
例)『からだが石に…』では、「ピノコ方式でやる!」というセリフがあるが、ピノコ自体は登場していないので、カウントしていない。
・一作品で2つの役で登場している場合もあるので、話数と回数を分けてカウントした。
例)『信号』において、手塚治虫は、作者として登場している一方で、ブラック・ジャックの友人の手塚医師としても登場している。この場合、『信号』という「1話の中で、別の役として2回登場している」とカウントした。
・『メス』、『土砂降り』は、2話と見なした。
・『2人のピノコ』では、患者と工場長という別のキャラクターとしてハムエッグが登場しているように読めるが、「書きかえ」前の『緑柱石』では、二つのキャラクターは、完全に同一のキャラクターだった(工場長が、落下事故により重傷を負い、患者となった)。この場合、回数が多くカウントされる『2人のピノコ』での登場回数を採用した。つまり、『緑柱石(二人のピノコ)』では、ハム・エッグは、「1話の中で、別の役として2回登場している」とカウントした。
・『医者はどこだ!』でロックの顔をしたキャラクターは厳密にいうと2人(アクドと整形後のデビィ)登場しているが、もともと一人の人物の顔を他人が整形で手術していることから、1回の登場と見なした。

【動画のチャプター】
00:00 1位~29位
02:38 31位~54位
05:05 60位
06:12 73位
07:20 88位
09:59 119位
14:50 177位
45:58 エンディング

【いんこ博士の自己紹介】
都内近郊で暮らしている引きこもりの学生(声優、手塚治虫研究家)です。
手塚治虫の封印作品や、作品の「書きかえ」について考察する動画を配信しています。
著作権の侵害にならない「引用」の範囲内で、作品を紹介しておりますが、問題がある場合は、お問い合わせいただけましたら幸いです。

【お仕事の依頼について】
本チャンネルを見て下さった方で、「いんこ博士に仕事(特に、声の仕事)を任せてもいいかな」とありがたくも思ってくださいました方は、下記の連絡先までご連絡ください。あと、家庭教師を受け付けております(時給2000円)。よろしくお願いいたします。

atomtheprincess(at)gmail.com

#ブラックジャック
#手塚治虫
#スターシステム

UP主の夏休みの自由研究でした。

ブラックジャックカテゴリの最新記事